So-net無料ブログ作成

ヘアビューザーの効果や評判 [効果・評判]

美容室などでおすすめされる事も多いヘアビューザーですが、
自宅で使ってる方たちが感じてる効果や評判をご紹介します。


「温風は、普通のドライヤーです。
すごいのは、冷風。
温風で乾かす→冷風で仕上げという使い方では、
効果はあまり感じられませんでした。
最初のちょっとだけ温風→後は冷風で乾かすだと、
すごくしっとりになります。
冬は寒そうな気もします」

「胸までのロングで、
カラーとパーマのダメージが気になっていました。
使い始めてからは、
いつ手櫛を通しても絡まらないし、さらさら感があります。
毛先が広がりがちだったのですが、
まとまりも良くなりました」

「しばらく使っていますが、違いがわからないです。
高価なので期待も高かったのですが……。
以前使っていた某P社のドライヤーの方が、
パサつきが少なかったように感じます」

こんな感じで、
高評価の方がすごく多かったです。

ヘアビューザー(Amazon)



共通テーマ:美容

ヘアビューザーの効果や評判 Part2 [効果・評判]

引き続き、
ヘアビューザーを使っている方々が感じた効果や評判を
ご紹介します。

「ここまで差があるとは思わなかったです。
しっとりした髪をお求めなら後悔しないと思います」

「私の髪は、太い・多い・硬いです。
しかも年々、クセも強くなってきていました。
ヘアビューザーを使い始めてからは、
本当に落ち着くようになりました」

「暑い季節には、冷風で乾かせるのは助かります。
でも、効果はあまり感じません。
以前のドライヤーよりはしっとりしてるかな?程度です」

「一週間使っていますが、
今のところは効果が出ているのかわかりません。
私の髪が傷みすぎなのかもしれませんけど」


たくさんの方の評価を見てみましたが、
その中にはいくつか
「温風だけを使ってるからでは……?」
と思う方もいらっしゃいました。

やっぱりヘアビューザーの肝は、
冷風ではないでしょうか。

ヘアビューザー(Amazon)


共通テーマ:美容

ヘヤビューザーの格安通販 [格安通販]

高性能ドライヤーの中でも、
ヘアビューザーって高価ですね……。

なので、格安の通販を探してみました。

大手通販サイトだと、
たとえば楽天市場なんかはこんな感じで、
定価販売のところがほとんどでした
ヘアビューザー(楽天市場)

あちこちの通販サイトを見てまわったのですが、
Amazonがもっとも安かったです
ヘアビューザー(Amazon)

送料無料です。


ドライヤーのほかにヘアビューロン(ヘアアイロン)も販売されていますが、
そちらについても同じ結果でした。


共通テーマ:美容

冷風で乾かしながら、潤いのあるツヤツヤな髪に [冷風で髪にツヤと潤いを与える]

各社から高性能なドライヤーが発売されていますよね。
ナノニーだったりコラーゲンだったりと、
メーカーによって特徴もさまざま。

ヘアビューザーの大きな特徴は、
「冷風」です。

熱で乾かす一般的なドライヤーの場合、
熱によって髪のタンパク質と水分の関係に変化が起きて、
それがダメージになります。

ヘアビューザーの冷風は、
遠赤外線が髪の細胞に直接働きかけることで、
髪を乾かしてくれます。

これによって熱によるダメージを避けられるだけでなく、
タンパク質とくっつく水分の濃度が増え、
潤いのあるツヤツヤな髪にしてくれます。

使い方としては、
最初のちょっとだけ温風→あとは最後まで冷風
がおすすめです。

ヘアビューザー(Amazon)



共通テーマ:美容

低温でも綺麗に巻ける「ヘアビューロン」 [ヘアビューロン]

ドライヤーの「ヘアビューザー」のほかに、
ヘアアイロンの「ヘアビューロン」も販売されています。

ヘアビューザーと同じく、
特殊セラミックによる遠赤外線が特徴。

遠赤外線によって低温でも綺麗に巻け、
潤いのある髪にしてくれます。

温度は40℃~180℃まで設定可能で、
高温で使ってもダメージが少ないです。

「アイロン/コテを使い続けたいけど、ダメージが……」
という方はにはおすすめです。

でも、
ヘアビューザーもドライヤーとしてはかなり高価な方だと思いますが、
ヘアビューロンはそれ以上のお値段です……。

ヘアビューロンやヘアビューザーの購入・詳細はコチラからどうぞ
ヘアビューザー(Amazon)


共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。